So-net無料ブログ作成
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

今まで1人でFXをやって来た方、FXを諦めたくない方へ。

mailmagazin-anime1.gif「FX自動売買マスター30日集中講座」
★これからは一緒に歩んで行きましょう。
asajiroのメルマガに登録すると・・・FXの基本、FXに必要な知識、絶対守るべきルール、自動売買のイロハ、EAの選び方、裁量トレードのやり方・・・などを学ぶことが出来ます。【asajiro今日の相場眼】も絶賛配信中!
登録特典も多数あり!お楽しみにメルマガ登録はこちら♪[ひらめき]

初心者用無料EA「WhiteBearV1apex2」2019年7月実績。

初診でも簡単に使えて、ずっと成績が良く、無料で使えるEA(FX自動売買ソフト)のWhiteBearV1apex2の実績・検証記事です。もう運用6年目となりますが、2019年7月のWhiteBearV1apex2の成績を振り返ります。



こんにちは。asajiroです。



「ホワイト国除外」で韓国が狂乱してますねー。



反日デモ2019.jpg



ま、ホワイト国除外(AからBグループへ)・・・と言っても、

今までの優遇措置が失くなるだけの話。

(中国や台湾はCグループだから、それより上です)



韓国側がちゃんと輸入管理をやってくれれば問題ない話なんですが、

官民一体で狂乱しているようです(冷静な韓国人も沢山いるみたいですが)。



色々と言われてますが、



日本が外交問題でこれだけ「強気な対応」を取ったのは

初めてなんじゃないでしょうか?



「弱腰日本が何で今回は強気なのだ・・・」



と文大統領も思っていることでしょう。

韓国の「ホワイト国」除外…戦後初めて「国家の意志」を示した日本 「何で今度は折れないのだ…」狼狽する文政権



やっぱり、怒る時は怒らないと舐められちゃいますからね。



これは人間関係でも同じで。

「いじめ」や「パワハラ」にも繋がる話です。



「こいつ、怒ったら怖いな・・・」

「怒ったら何するかわからんぞ・・・」



というのが「抑止力」になるわけです。

逆に、「反撃がない」と分かると相手は調子に乗るわけです。



力関係なんてのは意外と単純なもんですからねー。



怒れる嫁さんが怖い・・・のと同じ理屈です(笑)。



さて、



無料EA「WhiteBearV1apex2」の2019年7月の検証をしておきましょう。



タイトル画像EA検証WhiteBear1Apex2.jpg



【2019年7月1日~7月30日】

whitebearV1apex2_成績20190809-1.jpg
whitebearV1apex2_成績20190809-2.jpg

17戦15勝2敗。損益:+110.65ドル(+97.9pips)

※MyFXMarketsのPro口座(ECN口座ドル建て)
※0.15Lot(15000通貨)の運用です。
※RSI可変Lot機能はON(1.2倍)です。


・EURUSDトレンド系のスキャルピングEA。
・30分足でトレンドを測り、5分足で逆張りエントリーをします。
・Gomaクローズ機能搭載(早期クローズ機能)
・NewsFilter、FridayFilter、MondayFilterで任意の時間帯を止めることが可能。
・MAXポジは3個の安全設計。
・RSI可変Lot機能搭載



■GemForexの公式フォワード

whitebearV1apex2_成績20190809-3.jpg

GemForexの公式フォワードはこちら。
※公式フォワードはノンストップのため、時々大きなドローダウンがあります。

(GemForex口座の開設をすれば無料でEAが使えるようになります。
GemForexの口座開設は必ずキャッシュバックサイト経由で!登録方法はこちら



プラス97.9pips!



7月は絶好調でしたねー。



負けた2回も・・・負けとは言えぬ建値決済。

(手数料分の負け)



ストレスもほとんどなく、

大きくプラスとなりました!



単月でこれだけプラスを出してくれるとヒジョーに嬉しいですねー。

これが無料で使えるってんだから、

是非みなさんも使ってみて欲しいっす。



◎「White Bear v1 Apex2」の通算戦績(私個人の一口座)

2013年TOTAL:76戦57勝19敗。+19959円(+145.9pips)
2014年TOTAL:132戦109勝23敗。-3,058円(-6.6pips)
2015年TOTAL:101戦82勝19敗。+193.51ドル(+124.8pips)
2016年TOTAL:114戦99勝15敗。+582.80ドル(+465.4pips)
2017年TOTAL:191戦144勝47敗 +267.20ドル(+325.20pips)
2018年TOTAL:144戦119勝25敗。+620.83ドル(+519.9pips)

whitebearV1apex2_成績20190809-4.jpg

2019年1月:3戦0勝3敗。損益:-83.54ドル(-55.5pips)
2019年2月:12戦7勝5敗。損益:-22.16ドル(-2.9pips)
2019年3月:9戦7勝2敗。損益:+76.0ドル(+58.7pips)
2019年4月:27戦21勝6敗。損益:+47.64ドル(+52.8pips)
2019年5月:12戦12勝0敗。損益:+71.55ドル(+49.9pips)
2019年6月:4戦3勝1敗。損益:+22.51ドル(+17.2pips)
2019年7月:17戦15勝2敗。損益:+110.65ドル(+97.9pips)


2019年TOTAL:84戦65勝19敗。損益:222.65ドル(+218.1pips)



7月が大幅プラスとなり・・・月単位でも5連勝。



2013年から使ってるEAですが、

6年経った今でも通用しているってのが本当にスゴイですね。



正直、こんなEAは滅多にないですよ。

その多くが半年~1年で消えて行きますからねー。



2019年もプラスで終われるかな?



8月も頑張れー!WhiteBearV1apex2!



※ファイナルキャッシュバック経由でGemForexの口座開設しよう。
低資金で自動売買を試してみたい方、自動売買の練習をしてみたい方にオススメです。






>>>次のページ(対中関税第4弾の一部延期でドル高へ!今後はドル安?)

<<<前のページ(【8月2日発表】2019年7月米雇用統計回顧。対中関税第4弾!)



今まで一人でやって来た方・・・是非登録してね。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]

【8月2日発表】2019年7月米雇用統計回顧。対中関税第4弾!

2019年8月2日、2019年7月の米雇用統計が発表されました。・・・その前日にトランプ大統領がツイッターで「対中関税第4弾」を9月1日に発動することを発表。サプライズを受け為替市場は大きくドル安となりましたが、雇用統計ではほとんど動かず。さて今度のドル円はどうなる?



オッス!asajiroです。



雇用統計の前に・・・



8月1日、トランプ大統領が特大ツイッター砲を発射しました。



対中関税引き上げ第4弾!.jpg



「対中関税第4弾を9月1日に発動する!」



という突然の通告!



これがサプライズとなり市場は大混乱!



対中関税発動ドル安20190801.jpg



ドル円も一気にドル安となり、

200pips以上の下落。



先日の「利下げ」での値動きが可愛く見えますねー。



さて、そんな中・・・



今回の雇用統計が発表されたわけですが、



どうなったんでしょうね?



2019年7月の米雇用統計を回顧したいと思います。



【2019年7月米雇用統計】

◎非農業部門雇用者数。予想:+16.4人→結果:+16.4万人
◎民間雇用者数。予想:+16.0万人→結果:+14.8万人
◎失業率。予想:3.7%→結果:3.7%



ほぼ予想通り。



失業率も変わらず3.7%。



世界的に景気後退が囁かれる中・・・

アメリカの雇用市場は至って健全。

過去最低レベルの失業率も維持。



少なくとも「今秋の利下げの言い訳」にはならないような結果でした。



チャートがどう動いたかというと・・・



20190802eurusd雇用統計.jpg
米雇用統計発表後のユーロドルのチャート。
ほとんど動かず。



20190802usdjpy雇用統計.jpg
米雇用統計発表後のドル円のチャート。
瞬間的にドル高となったもののあっという間にイッテコイ。



というわけで、



引き続きアメリカ経済は底堅く推移していると見ていいでしょう。



ただ、問題は9月1日に発動される「対中関税第4弾」。



対中関税引き上げ第4弾!.jpg



3000億ドルの中国製品に10%の関税を課すことになるわけですが・・・

アングル:トランプ氏の対中関税、負担は米企業と消費者に



今回の対中関税第4弾が経済に与える影響は大きく、

(対象製品が多く、企業や消費者の負担が増える)



FRBはさらなる利下げ圧力を受けそうですねー。



すでに9月・10月の「利下げ」を織り込み始めているようですが・・・



そうすると先日のFOMCでのパウエル議長の言葉

「今回の利下げは長期的な利下げの始まりではない」

と整合性が取れないような気もします。



いずれにせよ、

米中貿易戦争は激しさを増すばかり。

(今回中国は報復どうするんだろう?)



中国株にも要注意っすよー。



中国株20190805.jpg



今回の対中関税第4弾はスマホや日用品なども含みますからねー。

国際企業の中国離れがドンブラコと進むと思われます。



日本は今、ヒステリーを起こしてる韓国の方に目が行ってますが・・・

(毅然とした態度で放置するべし)

それより中国の動向が重要だと思うなあ。



いつ何があるか分からんぞ!



参考まで。



>>>次のページ(初心者用無料EA「WhiteBearV1apex2」2019年7月実績。)

<<<前のページ(【米雇用統計】2019年7月米雇用統計予想。利下げ→ドル高?)



オススメツール「天底チャートmt4」
天底バナー.jpg



自分でお金を稼ぐ事ができたら・・・老後の問題とかないよね。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]

【米雇用統計】2019年7月米雇用統計予想。利下げ→ドル高?

2019年8月2日、7月の米雇用統計が発表されます。先日のFOMCで約10年ぶりの「利下げ」が発表され、その直後というタイミングで雇用統計。現在の市場のロジックは「利下げサイクル」が中心。数字が良ければ大きくドル高になる???



どもどもasajiroです。



昨日、FOMC(米連邦公開市場委員会)にて利下げが発表されました。



FRB利下げ2019年7月FOMC.jpg



市場の予想通り0.25%の利下げ



で、為替がどう動いたかというと・・・



FRB利下げ2019年7月FOMC3.jpg



なんと、ドル高で反応。



普通に考えれば「利下げ」ドル安要因なのですが・・・

ユーロドルもポンドドルも「ドル高」で反応しているのです。



これは、すでに市場が「利下げを織り込んでいたこと」と、



FRB利下げ2019年7月FOMC2.jpg



パウエル議長が「今回の利下げは調整的な意味合い」と発言し、

「今後の利下げのトーンを落としたこと」が原因と思われます。



「え?利下げしないの?するの?どっち?」



ってことで市場が失望しちゃった感じっすね。



これは日銀も助かりましたねー。

米FRBが利下げ、資産縮小終了も前倒し:識者はこうみる



これで・・・おそらく今年の利下げはあと一回あるかないか???



要注目です。



さて、



今週末、米雇用統計が発表されます。



タイトルバナー2.jpg



まず・・・前回「6月米雇用統計」の結果は?

◎非農業部門雇用者数。予想:+16.0人→結果:+22.4万人
◎民間雇用者数。予想:+15.3万人→結果:+19.1万人
◎失業率。予想:3.6%→結果:3.7%



前回雇用統計時のユーロドルのチャート。
20190705eurusd雇用統計.jpg



前回雇用統計時のドル円のチャート。
20190705usdjpy雇用統計.jpg



予想よりも大幅増。

チャートも素直にドル高で反応しました。



さて、今回は「利下げ」発表直後というタイミング。



どうなるんだこれ???



◆雇用統計とは?
米雇用統計では、失業率とNFP(非農業部門雇用者数:nonfarm payrollsの略)を中心として、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表されます。



今回の「2019年7月米雇用統計」の予想。

◎非農業部門雇用者数:+16.4万人
◎民間部門雇用者数:+16.0万人
◎失業率:3.7%



今回もちょっと弱気な予想。



2015年
1月 +26万人
2月 +29万人
3月 +12万人
4月 +22万人
5月 +28万人
6月 +22万人
7月 +21万人
8月 +17万人
9月 +14万人
10月 +27.0万人
11月 +21.1万人
12月 +29.2万人
2016年
1月 +15.1万人
2月 +24.2万人
3月 +21.5万人
4月 +16.0万人
5月 +3.8万人
6月 +28.7万人
7月 +25.5万人
8月 +15.1万人
9月 +15.6万人
10月 +16.1万人
11月 +17.8万人
12月 +15.6万人
2017年
1月 +22.7万人
2月 +23.5万人
3月 +9.8万人
4月 +21.1万人
5月 +13.8万人
6月 +22.2万人
7月 +20.9万人
8月 +15.6万人
9月 -3.3万人
10月 +26.1万人
11月 +22.8万人
12月 +14.8万人
2018年
1月 +20.0万人
2月 +31.3万人
3月 +10.3万人
4月 +16.4万人
5月 +22.3万人
6月 +21.3万人
7月 +15.7万人
8月 +20.1万人
9月 +13.1万人
10月 +25.0万人
11月 +15.5万人
12月 +30.1万人
2019年
1月 +30.4万人
2月 +2.0万人
3月 +19.6万人
4月 +26.3万人
5月 +7.5万人
6月 +19.1万人



今回のFOMCでFRBは「ハト派」的な姿勢を継続。

かと言って「もう利下げはしないよ」とも言っておらず、

今後の金利動向には含みを持たせたままです。



その直後に発表される今回の雇用統計ですが・・・



うーん。



今回は先月と同じくらいの「大幅増」の予想をしているのですが、

それで為替が動くのかどうか。



今の市場のロジックだと、

「数字が良い」→「利下げが遠ざかる」→「ドル高」

ということになりそうですね。



というわけで、



ドル高になる



と予想しておきます。



ま、何れにせよ自動売買はストップ。

指標ハンターの方は細心の注意を払いつつ頑張って。



ではまた!



>>>次のページ(【8月2日発表】2019年7月米雇用統計回顧。対中関税第4弾!)

<<<前のページ(FOMCにて利下げ発表!自動売買は必ずストップ!)




管理人も使っている「THV v4システム」について解説してます。



真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます