So-net無料ブログ作成
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

【米雇用統計】2019年8月米雇用統計予想。利下げ確率100%?

2019年9月6日、8月の米雇用統計が発表されます。アメリカの雇用市場は堅調ですが、米中貿易摩擦の影響がそろそろ出てくるという話もあり、予想数字は弱くなってます。9月のFOMCでは利下げ確率100%?市場はもう織り込んでる?雇用統計の数字によって0.50%の利下げも有り得る?



どもどもasajiroです。



アメリカの対中関税第4弾が発動しました。



対中関税第4弾発動1.jpg



この対中関税第4弾は日用品などが多く含まれるため、

アメリカの自国経済にも相当影響があると言われていますね。

自分で自分の首を締める結果になるわけだし、当然世界的にも影響が大きい。

だから、

アホなことはヤメて米中仲良くした方がいい!



なんて言われているわけですが、

まあ、経済的な観点から見ればその通りでしょう。



しかし、これは単なる経済摩擦ではなく、

「米中戦争」の一環なのです。



米中戦争.jpg
あれ?韓国の旗はこっちでいいのかな?



そう。これって殴り合いの戦争(覇権戦争)なんですよ。

何も武器や兵器を使ってドンパチやるだけが戦争ではなく(これは最終手段)、

その前段階の「経済戦争」「外交戦争」ってのがあるわけですね。



戦争は「勝ち負け」が決まるまで(どちらかが降参するまで)、

徹底して行われるものです。



なので、今回の関税合戦も、

「徹底して行われるもの」

として考えておいた方がいいと思いますよ。



さて、



今週末、米雇用統計が発表されます。



タイトルバナー2.jpg



まず・・・前回「7月米雇用統計」の結果は?

◎非農業部門雇用者数。予想:+16.4人→結果:+16.4万人
◎民間雇用者数。予想:+16.0万人→結果:+14.8万人
◎失業率。予想:3.7%→結果:3.7%



前回雇用統計時のユーロドルのチャート。

20190802eurusd雇用統計.jpg



前回雇用統計時のドル円のチャート。

20190802usdjpy雇用統計.jpg



予想と結果がほとんど一緒で、

チャートも殆ど動かずでした。



◆雇用統計とは?
米雇用統計では、失業率とNFP(非農業部門雇用者数:nonfarm payrollsの略)を中心として、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表されます。



今回の「2019年8月米雇用統計」の予想。

◎非農業部門雇用者数:+15.9万人
◎民間部門雇用者数:+15.0万人
◎失業率:3.7%



お、今回もちょっと弱気な予想ですな。減ってる。

米中関税戦争の影響が出ているのかな?




2015年
1月 +26万人
2月 +29万人
3月 +12万人
4月 +22万人
5月 +28万人
6月 +22万人
7月 +21万人
8月 +17万人
9月 +14万人
10月 +27.0万人
11月 +21.1万人
12月 +29.2万人
2016年
1月 +15.1万人
2月 +24.2万人
3月 +21.5万人
4月 +16.0万人
5月 +3.8万人
6月 +28.7万人
7月 +25.5万人
8月 +15.1万人
9月 +15.6万人
10月 +16.1万人
11月 +17.8万人
12月 +15.6万人
2017年
1月 +22.7万人
2月 +23.5万人
3月 +9.8万人
4月 +21.1万人
5月 +13.8万人
6月 +22.2万人
7月 +20.9万人
8月 +15.6万人
9月 -3.3万人
10月 +26.1万人
11月 +22.8万人
12月 +14.8万人
2018年
1月 +20.0万人
2月 +31.3万人
3月 +10.3万人
4月 +16.4万人
5月 +22.3万人
6月 +21.3万人
7月 +15.7万人
8月 +20.1万人
9月 +13.1万人
10月 +25.0万人
11月 +15.5万人
12月 +30.1万人
2019年
1月 +30.4万人
2月 +2.0万人
3月 +19.6万人
4月 +26.3万人
5月 +7.5万人
6月 +19.1万人
7月 +16.4万人



9月の17~18日にFOMCが行われるわけですが、

ここで重要なのが「利下げ」が行われるのかどうか?ではなく、



「利下げ幅は、0.25%か?0.50%か?」



といった点でありますよ。

もうすでに市場は「利下げは完全に織り込んでいる」状態です。

FRB、9月利下げに傾く 0.5%案も浮上



ココで雇用統計の数字が異常に悪ければ、



「利下げの後押しとなって0.50%」



という確率も増えるかと思います(現在は10%くらいらしい)。

そうなれば結構なサプライズとなって「ドル安」に振れるかもしれません。



雇用統計の数字が良ければ、



「やっぱり0.25%でいいんじゃね?」



という感じであまりチャートは動かないですかね。

そもそもパウエル議長は利下げに積極的じゃないですからね。



というわけで、



今回数字悪化・・・からのドル安!



と予想しておきます。



例年9月って数字が悪くなるんだよねえ。



ま、何れにせよ自動売買は早目にストップ。

指標ハンターの方は頑張って。



ではまた!



>>>次のページ(初心者向き無料EA「WhiteBearV1apex2」2019年8月実績。)

<<<前のページ(アマゾンの森林火災2019こそ世界の危機!)



真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます