So-net無料ブログ作成
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

【米雇用統計】2019年6月米雇用統計予想。動かず?

2019年7月5日、6月の米雇用統計が発表されます。米中貿易戦争が行われる中・・・経済指標が微妙に悪化を始めています。アメリカ経済は依然好調をキープしているように見えますが、7月30~31日に行われるFOMCでは利下げが行われる予定。今回の雇用統計の結果は関係ない?



どもどもasajiroです。



香港のデモがついに暴徒化し・・・議会に突入したそうです。



香港デモ暴徒化2.jpg

香港デモ暴徒化.jpg

デモ暴徒化した香港、2日は政府庁舎閉鎖 行政長官は厳しく批判



うーん。これはマズイ。



中国本土に色んな「口実」を与えてしまうぞ。



しかしそれだけ香港市民の感情は苛烈だってことか・・・



今後どうなるか・・・注目です。



今週末、米雇用統計が発表されます。



タイトルバナー2.jpg



まず・・・前回「5月米雇用統計」の結果は?

◎非農業部門雇用者数。予想:+18.5人→結果:+7.5万人
◎民間雇用者数。予想:+17.5万人→結果:+9.0万人
◎失業率。予想:3.6%→結果:3.6%


前回雇用統計時のユーロドルのチャート。
20190607eurusd雇用統計.jpg


前回雇用統計時のドル円のチャート。
20190607usdjpy雇用統計.jpg



予想よりも大幅減。

チャートも素直にドル安で反応したわけですが、

その後すぐに戻しています。



さて、今回は「利下げ」観測が高まる中での発表となります。




◆雇用統計とは?
米雇用統計では、失業率とNFP(非農業部門雇用者数:nonfarm payrollsの略)を中心として、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表されます。



今回の「2019年6月米雇用統計」の予想。

◎非農業部門雇用者数:+16.0万人
◎民間部門雇用者数:+15.3万人
◎失業率:3.6%



ん?



いつもよりちょっと弱気な予想ですな。




2015年
1月 +26万人
2月 +29万人
3月 +12万人
4月 +22万人
5月 +28万人
6月 +22万人
7月 +21万人
8月 +17万人
9月 +14万人
10月 +27.0万人
11月 +21.1万人
12月 +29.2万人
2016年
1月 +15.1万人
2月 +24.2万人
3月 +21.5万人
4月 +16.0万人
5月 +3.8万人
6月 +28.7万人
7月 +25.5万人
8月 +15.1万人
9月 +15.6万人
10月 +16.1万人
11月 +17.8万人
12月 +15.6万人
2017年
1月 +22.7万人
2月 +23.5万人
3月 +9.8万人
4月 +21.1万人
5月 +13.8万人
6月 +22.2万人
7月 +20.9万人
8月 +15.6万人
9月 -3.3万人
10月 +26.1万人
11月 +22.8万人
12月 +14.8万人
2018年
1月 +20.0万人
2月 +31.3万人
3月 +10.3万人
4月 +16.4万人
5月 +22.3万人
6月 +21.3万人
7月 +15.7万人
8月 +20.1万人
9月 +13.1万人
10月 +25.0万人
11月 +15.5万人
12月 +30.1万人
2019年
1月 +30.4万人
2月 +2.0万人
3月 +19.6万人
4月 +26.3万人
5月 +7.5万人



G20で米中首脳会談が行われ、



とりあえず、



・貿易協議の再開

・追加関税の発動は当面なし

・ファーウェイへの部品輸出容認



といった合意がなされ、市場も一安心。

株価も上昇し、ドル円は上昇しました。



とはいえ、今までの関税はそのままですし、

依然・・・世界経済の後退リスクも残ったまま。



絶好調に見えるアメリカ経済も・・・

最近は低調な経済指標が続いており、

いつリスクが顕在化するか分からない状況です。



今回のポイントは7月30~31日に行われるFOMC。



市場はすでに「利下げ」を織り込んでおり、

今回の雇用統計の結果によって判断が変わる・・・

という感じではないんですよねえ。



つまり、今回の雇用統計の結果と関係なく

「利下げ」が行われると思われます。



なので、



今回の予想は・・・動かず。



としておきます。



予想通りの数字でほとんど動かず。

動いたとしても「イッテコイ」ですぐ戻って来る感じ。



あまりに予想と数字が乖離している場合は、

大きく動いちゃうかもしれませんが。



まあしかし・・・「利下げ」はドル安要因なので。

今月のドル円は「ショート目線」の方がいいでしょうね。

すでにかなり「織り込み済み」ではありますが、

今後もじわじわとドル安になるかもしれません。



今月は参議院選挙もあるんで・・・この点要注意。

与党が勝てばドル高(円安)要因。負ければ逆です。



2/3維持して欲しいなあ・・・憲法改正しようよー!



ではまた!



>>>次のページ(【7月5日発表】2019年6月米雇用統計結果・回顧、今後の展望。)

<<<前のページ(G20後為替はどう動く?第4弾制裁関税は回避。)





管理人も使っている「THV v4システム」について解説してます。



真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます