So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

米中貿易戦争の行方。トランプ大統領の独断ではない。

米中貿易戦争が激化する中、トランプ大統領は2000億ドル相当の中国製品に掛けていた関税を10%から25%に引き上げるとの見通しを示した。関税の引き上げは2019年1月1日の予定。トランプ大統領の独断かと思われている関税引き上げだが、これはアメリカの総意。関税の引き上げは米中覇権争いの一環なのだ。



どもども。浅次郎です。



ロイターに、



「米の対中関税引き上げはトランプ大統領の思いつきではない」



という話が載ってたんだけどね。

麻生財務相、米中対立「トランプ大統領の思いつきでない」



米中貿易戦争、報復関税の図.jpg



これはまさにその通りでね。



仮に2年後・・・トランプ大統領が再選されずに

民主党の候補が大統領になったとしても、



「米中対立は終わらない」



と思われます。



なぜなら、米中対立は単なる経済対立ではなく、



覇権争い



だからです。



何の覇権かって?



もちろん、世界の覇権争いです。



中国が牙を剥き始めたのはリーマンショック以降ですが、

アメリカがそれに気付いたのはAIIB(アジアインフラ投資銀行)設立の時。



この時、アメリカ側と思われていた欧州諸国がこぞってAIIBに参加しました。

アメリカの制止を振り切って・・・です。



アメリカ側で参加しなかったのは日本だけ。

(この時安倍首相が行ったのが希望の同盟演説)



これ以降、アメリカは「中国に対する見方」を変えているわけ。



今、米中は関税戦争真っ最中ですが、

この件に関しては民主党も協力的なんですよ。

決してトランプ大統領の独断ではないのです。



で、さらに、



米中貿易戦争、報復関税の図.jpg



第3弾の関税10%→25%引き上げ待ったなし!となっています。

トランプ米大統領、対中関税25%に引き上げる意向=WSJ



何が言いたいかというと、



アメリカも中国も譲る気配なく、

この米中対立はエスカレートする一方だという事です。



新聞を見ると



「米中関税戦争は双方の得にならぬ」

「世界経済に打撃」

「トランプ大統領はクレイジー」



みたいな記事が多いですが、



米中は世界経済のことなんて考えてません。



「いかに覇権を握るか?」

「いかに相手を蹴落とすか?」



ということを考えてるのです。



つまり・・・



この米中対立は「長期化」すると思われます。



そうなるとドッチかが優勢になって行き、

ドッチかが不利になって行くわけですが・・・



当然、分が悪いのは中国ですよね。



そうなると何が起きるか・・・?



ま、すぐに何かが起きるってわけではありませんが、

いつか何かが起きると思います。



リーマンショックから10年。



そろそろ・・・なんじゃないかと。



為替的にはリスクオフの時代が来そうな感じあります。



>>>次のページ(米中貿易戦争の行方。習近平の時間稼ぎでリスクオン相場?)

<<<前のページ(ブレグジット後の関係定める「政治宣言」合意でポンド急騰!)




真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!
nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます