So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

アメリカの鉄・アルミ関税政策は、米中貿易戦争の一環。

2018年6月8~9日、カナダのシャルルボワでG7サミットが行われ、アメリカの鉄・アルミニウム関税政策・保護貿易主義について議論されているようです。しかしこれは、実は「米中貿易戦争」の一環。困るのは過剰生産の大問題を抱えている中国。



どもども。浅次郎です。



カナダのシャルルボワってところで、

G7サミット(主要7カ国首脳会議)が行われていてね。



G7サミット2018画像.jpg



まあ、色々と議題があるんだろうけど、



メインとなっているのは、



アメリカの関税政策。



鉄・アルミニウムなどの輸入に対して関税を掛けるって話で、

欧州はコレに対して報復関税を掛けると言ってます。



G7サミット2018報復関税.jpg



しかし・・・実際、



欧州は、ほとんど

アメリカに鉄鋼・アルミニウムを輸出していないんですよ。



G7サミット2018アメリカの鉄・アルミ輸入量.jpg



まあ、トルコ・ドイツは結構あるけどね。



これって一体どういうことなんだろうなあ・・・。



そもそも、このアメリカの関税政策の狙いは、



中国。



しかし、この輸入量の図を見ても分かる通り、



G7サミット2018アメリカの鉄・アルミ輸入量.jpg



中国はそこまで大きいウエートを占めてるわけじゃないです。



鉄鋼で2%、アルミで9%に過ぎない・・・・



実は、これにはカラクリがあってね。



中国は、他の国を通して・・・

つまり、間接的にアメリカに鉄鋼を輸出しているわけ。



その中身について詳しくはわかりませんが、

カナダ・ブラジル・韓国・メキシコ・・・

この辺は中国との関係が非常に深いのではないかと思われます。



この関税措置には日本も含まれるようですが、

例外を作りたくないのか?対日貿易赤字を気にしているのか?

どうも交渉の余地はなさそうですね。



で、この関税措置で困るのが中国。



中国の過剰生産.jpg



今までも「鉄の過剰生産」が国家的大問題になっていましたが、

今後さらに困りそうな感じです。

焦点:苦境の中国鉄鋼業、新天地求めアフリカ・南米に熱視線



というわけで、



今回のトランプ大統領の「鉄・アルミの輸入制限」は、



米中貿易戦争の一環でね。



今後、報復に報復を重ねるような事態になれば・・・

中国経済はどんどん行き詰まって行くことになるでしょう。



一時ほど騒がれていませんが、



チャイナリスクの炎は今尚燻り続けています。







バブルはいつか必ず弾ける・・・



え?



もう弾けてる???



注意を怠らないように。

(その時、円は買われる)



ではまた!




【追伸】6月13日はFOMC、14日はECB政策金利だからね。

自動売買は必ず停止ですよー。

米朝会談、どうなるかな?



>>>次のページ(急激な値動きが発生した時は、自動売買ストップがセオリー。)

<<<前のページ(絶好調!無料EA「WhiteBearV1apex2」2018年5月実績。)




真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!





nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます