So-net無料ブログ作成
検索選択
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

今まで1人でFXをやって来た方、FXを諦めたくない方へ。

mailmagazin-anime1.gif「FX自動売買マスター30日集中講座」
★これからは一緒に歩んで行きましょう。
asajiroのメルマガに登録すると・・・FXの基本、FXに必要な知識、絶対守るべきルール、自動売買のイロハ、EAの選び方、裁量トレードのやり方・・・などを学ぶことが出来ます。【asajiro今日の相場眼】も絶賛配信中!
登録特典も多数あり!お楽しみにメルマガ登録はこちら♪[ひらめき]

【7月7日発表】2017年6月米雇用統計結果・回顧。九州北部豪雨。

2017年7月7日、2017年6月の雇用統計が発表されました。雇用者数は予想より大幅に伸びましたが、市場は思ったよりも反応せずにチョイドル高。すでに7月のFOMCでは動きなし!の意見が大半ですし、数字上の雇用市場が順調なのも周知の事実なのでもうあまり反応しないんですな。さて、今後はどうなる?



こんにちは。ブログ管理人のasajiroです。



九州北部豪雨・・・被害が凄まじいです。



九州北部豪雨画像1.jpg



九州北部豪雨画像2.jpg



九州北部豪雨画像3.jpg



九州北部豪雨画像4.jpg



九州北部豪雨画像5.jpg



九州北部豪雨画像6.jpg



九州北部豪雨画像7.jpg



私の住む熊本もスゴイ雨でしたが、
被害の中心地の朝倉市周辺は全く被害レベルが違います。



まだ行方不明の方も沢山いらっしゃいますし、
亡くなった方も沢山いらっしゃいますが、



私達に出来るのは、同情することではなく、



冥福を祈りつつ、お金を送ることだと思います。



同情するなら金をくれ!



と幼き日の安達祐実が言いましたが、



まさしくその通り。



偽善で全然オッケー。



ワンコインでもTポイントでもオッケー。



良かったらご協力お願いしまっす!



九州北部豪雨、緊急支援募金.jpg

YAHOOネット募金。九州北部豪雨緊急支援募金。



さて、



2017年6月の米雇用統計を回顧したいと思います。



【2017年6月米雇用統計】

◎非農業部門雇用者数。予想:+17.9万人→結果:+22.2万人
◎民間雇用者数。予想:+17.2万人→結果:+18.7万人
◎失業率。予想:4.3%→結果:4.4%



あらら!



大幅プラスやん!



こりゃドル高になるか!



20170707eurusd雇用統計.jpg
米雇用統計発表後のユーロドルのチャート。
50pipsほど大きく上下した後に、気持ちだけドル高に。



20170707usdjpy雇用統計2.jpg
米雇用統計発表後のドル円のチャート。
一旦下げたもののあっと言う間に戻ってきてドル高へ。
一時は114円を突破するも・・・週末に向けてポジションが整理されたかな。



数字のインパクトとは裏腹に、



結果的には「チョイドル高」。



どういうことじゃい?



ロイター。米雇用統計:識者はこうみる

6月米雇用者数:22.2万人増、失業率4.4%に上昇-賃金の伸び低調



・雇用者の伸びは堅調

・失業率が増加したのは労働参加率の伸び

・賃金の伸びはイマイチ。

・8月にFOMCはないので、次にFRBが動くなら9月。

・今回の雇用統計はFRBの判断に大きな影響を与えない。



ふーむ、なるほど。



雇用者の伸びは堅調だったけど、賃金の伸びはイマイチだったし、
7月のFOMCでは金融政策の変更はないし、
為替相場を揺り動かすような材料は無かったってわけですなー。




今回の雇用統計の私の予想は・・・



「ドル安」



でしたので、大外れ。



で、今後がどうなるかというと。。。



雇用統計はあんまり相場に影響を与えておらず、



そのままの流れで「ユーロ高」になるんじゃないかと・・・。



タイミング良くユーロ円のロングを入れたいんだけどなあ。



さて、



今週もプラスでありますようにー!




いつも応援有難うございます!良かったら「お気に入り」の登録をしてね。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 無料EA派へ



>>>次のページ(勝てる無料EA「WhiteBearV1apex2」2017年6月実績。)

<<<前のページ(【7月7日発表】2017年6月米雇用統計予想。ドル安か。)




管理人も使っている「THV v4システム」について解説してます。



真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!

【7月7日発表】2017年6月米雇用統計予想。ドル安か。

2017年7月7日発表のアメリカ6月雇用統計予想です。6月の利上げイベントを無事にクリアした後の雇用統計で、重要度はあまり高くないと思われます。極端な数字が出ない限り動かないかな?しかし、現時点でユーロドルはここ1年の天井付近で揉み合っており・・・地雷を踏んだらドル安になるのかと。



ブログ管理人のasajiroですこんにちは。



またも・・・北朝鮮がミサイル発射ですよ。



「ご飯が出て来るの、当たり前と思ってるでしょ!」



・・・と嫁さんに怒られるような感じでミサイルをぶっ放しますな。



しかも今回のミサイルはICBM(大陸間弾道ミサイル)だったらしく、
アメリカ(トランプ大統領)の態度もこれまで以上のものに。
「ICBMは米独立記念日の贈り物」 金正恩氏が宣言



北朝鮮ICBM実験2.jpg



北朝鮮ICBM実験1.jpg



北朝鮮ICBM実験3.jpg



しかし、ホント我が国日本は・・・平和ですねえ。



これだけの脅威が身近にあるにも関わらず、
「森友学園」だの「加計学園」だの「暴言」だの「失言」だのと・・・
政権を弱らせることに必死。



もっと優先して報道・議論することがあると思いますけどねえ。



きっと日本人の多くは、



「実際にミサイルが飛んでくることなんてないって!」

「単なる脅しだよ。ははは」



と思っているんだと思います。



だから結婚生活に慣れてしまった旦那さんみたいになってる。



しかしアメリカは違いますな。



まだ「ミサイルが届くかどうか」も分からないのに、
徹底して北朝鮮を叩くつもりですよ。



これに対し、中国はロシアと組んで牽制しています。
中ロ首脳会談、北朝鮮のミサイルで米国の対応も非難



北朝鮮ICBM実験4.jpg



「タテマエ」は北朝鮮を非難してますが、
「ホンネ」はどうなんだろうね?



つか、北朝鮮はもう中国の言うことを聞かないのかも?
(張成沢粛清、金正男暗殺)



いや、そう見せかけて利用している?



しかし、いずれにしても・・・
いつ暴走するか分からない核保有国がこんなに近くにあるわけで、



本当に怖いと思います。



平和は無料じゃありません。



憲法9条が私達を守ってくれるわけでもありません。



ちゃんと考えておきたいですね。





さて、



今回の雇用統計を予想しましょう。



タイトルバナー2.jpg



まず・・・前回「5月米雇用統計」の結果は?

◎非農業部門雇用者数。予想:+18.5万人→結果:+13.8万人
◎民間雇用者数。予想:+17.3万人→結果:+14.7万人
◎失業率。予想:4.4%→結果:4.3%



前回雇用統計時のユーロドルのチャート。
20170602eurusd雇用統計.jpg



前回雇用統計時のドル円のチャート。
20170602usdjpy雇用統計.jpg



予想よりも大幅に雇用者数が減り・・・



相場は正直に「ドル安」で反応しました。



こういう正直な雇用統計の動きは久しぶりでしたね。



で、私は雇用統計後に、



「うっひょー!サポートライン上だし、利上げは確実だし、ドル円ロングのチャンスじゃね?」



と考えて極浅ストップのロングを入れておいたのですが・・・
結局サポートラインを割って109円まで下落。



敢え無く撃沈(笑)。



したわけですが、その代わり、
サポートラインのスグ下に「逆指しショート地雷」を仕込んでおいたので、
これがプラスとなってちょっとだけ儲かりました。



こういうトレードはリスクが少なくていいですねー。




さて、今月はどうなるか?



◆雇用統計とは?
米雇用統計では、失業率とNFP(非農業部門雇用者数:nonfarm payrollsの略)を中心として、製造業就業者数・小売業就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目が発表されます。



今回の「2017年5月米雇用統計」の予想。

◎非農業部門雇用者数:+17.9万人
◎民間部門雇用者数:+17.2万人
◎失業率:4.3%



毎度毎度、予想は無難な数字。



2015年
1月 +26万人
2月 +29万人
3月 +12万人
4月 +22万人
5月 +28万人
6月 +22万人
7月 +21万人
8月 +17万人
9月 +14万人
10月 +27.0万人
11月 +21.1万人
12月 +29.2万人
2016年
1月 +15.1万人
2月 +24.2万人
3月 +21.5万人
4月 +16.0万人
5月 +3.8万人
6月 +28.7万人
7月 +25.5万人
8月 +15.1万人
9月 +15.6万人
10月 +16.1万人
11月 +17.8万人
12月 +15.6万人
2017年
1月 +22.7万人
2月 +23.5万人
3月 +9.8万人
4月 +21.1万人
5月 +13.8万人



予定通りに6月に利上げが行われ・・・
淡々と金融緩和の出口戦略を進めるFRB。
今年の利上げ予定はあと1回らしいですが、
おそらく予定通りに行われるでしょう。



そして、先週ECBのドラギ総裁も金融緩和の縮小について触れ・・・
激しいユーロ高を招きました。



そして日銀は明言こそしてないものの・・・
金融緩和の縮小方向に向かっていると思われます。



この先どうなるか?



なんて分かりませんが、



何かをキッカケとした金融危機が起きるような気がしますね。



思い返せば、



リーマンショックからもうすぐ10年。



暴落にはくれぐれもご注意を。



あ、今週の雇用統計の予想ですが、
6月の利上げイベントを無事通過後となりますので、
極端な数字にならない限りあんまり動かないかな?と思っています。



ただ、今ユーロ高トレンドとなってますので・・・
これに逆らうような流れにはならないのではないかと思います。



つまりドル安になるんじゃないかと・・・



と蚊の鳴くような声で予想しておきます。



いずれにせよ、指標ハンターの方たち以外は、観戦モード。
自動売買派はストップしておきましょう!



ではまた!




いつも応援有難うございます!良かったら「お気に入り」の登録をしてね。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ



>>>次のページ(【7月7日発表】2017年6月米雇用統計結果・回顧。九州北部豪雨。)

<<<前のページ(ECBが金融緩和引き締め?ユーロはどこまで上がる?)





管理人も使っている「THV v4システム」について解説してます。



真面目な方、将来に困っている方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!

ECBが金融緩和引き締め?ユーロはどこまで上がる?

量的緩和政策はインフレ率を押し上げる効果は無かった?世界中の中銀(日銀もECBもFRBも・・・)が金融緩和の縮小に向かう背景には、その事実があるのかもしれません。「これ以上量的緩和を続けると重大な副作用が出る」そう考え、次々と金融緩和の縮小に向かっているのだとしたら・・・?ユーロはどこまで上がる?円は?ドルは?



こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。



先週はECBドラギ総裁の



「そろそろ金融緩和の引き締めについて考えちゃおうっかなー!」



ドラギ総裁金融緩和引き締め.jpg



ってタカ発言に触発され・・・



ユーロ高を誘発!うなぎ登りの上昇!



ユーロドル20170630-日足2.jpg

ユーロドルは200pips以上上昇し、1年ぶりのユーロ高ドル安水準へ!



ユーロ円20170630-1時間足2.jpg

ユーロ円は300pips以上のの上昇



ちょうどこの折、



運がいいことにユーロ円のスイングEAが
ロングでエントリーしておりまして、



Wallaby20170630-1.jpg

Wallaby20170630-2.jpg



一撃277pips×0.10Lotを・・・2ポジ。



美味しく頂きましたよ(ドラギ先生あざーっす)。



さて、



問題は今後どうなるか?でありますが、



なんだか世界中が一斉に
「金融緩和の出口戦略」へと舵を切った感がありますよ。
主要中銀が一斉にタカ派メッセージ、市場に衝撃



しかし・・・本来、量的緩和の巻き戻し(国債の購入額を減らす)や
金利の利上げといった金融緩和の出口戦略は、



景気が良くなり、雇用が増え、賃金が増え、
インフレ目標が達成された上で開始されるはず。



しかし、現在の欧州がそういう状態にあるのかどうか?



・・・とても疑問です。



疑問ではありますが、



それでもユーロ圏の失業率は年々改善されています。



ユーロ圏の失業率.jpg



うーん。まだ道半ばのように見えますし、



あと数年は金融緩和が続くものだと思ってましたが、



ECBが「金融緩和の出口戦略」に舵を切るのであれば、



・ユーロ高、ドル安、円安



に向かうと思われます。



ま、先程の記事には
「1年以内にECBが利上げがする可能性は低い」と書いてありますし、
あるとしても市場と対話しながら・・・ってことになるでしょうから、
すぐさま利上げってことにはならないでしょう。



で、どうして・・・
急に「金融緩和の引き締め」に関する発言が増えたのでしょうか?



日銀も表向きは「金融緩和続行中」でありますが、



実は、すでに、



「金融緩和の段階的縮小」に向けて動いている・・・という説もあります。
必見→コラム:量的質的緩和でインフレにならない訳=佐々木融氏



量的緩和政策がインフレ率を押し上げる効果はない・・・。



それは欧州を見てもアメリカを見ても日本を見ても明らかで、
(でもやってみないと分からなかった?)



この事を知った世界中の中銀は
表向きはそんなことは一切口にせず、
景気が良くなって来たから縮小しまーす!と言いつつ、
金融緩和の縮小に向けて動いている・・・?



そう考えるとなんか全ての辻褄が合いますね。



とりあえず、来週はユーロの動きに要注目。



まだ上がるのか?



それとも調整が入るのか・・・?



まだ上がりそうな気がしますけどね。




いつも応援有難うございます!良かったら「お気に入り」の登録をしてね。

にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 無料EA派へ



>>>次のページ(【7月7日発表】2017年6月米雇用統計予想。ドル安か。)

<<<前のページ(憲法改正の日程と為替・株の値動きの関係は?)




管理人も使っている「THV v4システム」について解説してます。



自分で稼ぐ力をつける!知識が自分を護る!
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!





Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます