So-net無料ブログ作成
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

ECB量的緩和縮小へ。ユーロ安の転機になるか?

2017年10月26日、欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で「量的緩和策の縮小」を決定。現在月額600億ユーロの債権買い入れ金額を来年1月から月額300億ユーロに減額。また、買い入れは9月まで延長するとした。今後のユーロドル、ユーロ円にはどんな影響が?



こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。



ECB、量的緩和策の縮小へーーー



ECB緩和縮小開始?.jpg



大体想定通りではありましたが、

ECBの定例理事会で量的緩和策の縮小が発表されました。

(ECBによる債権の購入金額が減額される)



月額600億ユーロ→月額300億ユーロ。



と同時に、まだまだユーロ圏には緩和継続が必要との認識から、



債権の買い入れは2018年9月まで継続。

主要政策金利は0.00%、

中銀預金金利は-0.40%を継続。



となりました。



ドラギ総裁は今回の決定は

「テーパリング(段階的縮小)ではない」

と言ってますが・・・



さて、これは「金融正常化」に向けた出口戦略の始まりなのでしょうかねー。

欧州経済は順調に回復しているとはいえ、

いまだにインフレ率は目標の2%に届いていませんし・・・

雇用も徐々に改善されてるとは言え、

まだまだ失業率は高いままです。



じゃあ、なぜ緩和縮小に向けた取り組みを始めるのか・・・?



ECBの本音は何なのか?



「金融緩和を進めてもインフレ率は上昇しない」

「だからさっさと正常化を進めたい」

「しかしユーロ高はヤダ!」



ということだと思われます。

(金融緩和の縮小を求めるドイツ系の圧力が大きい)



普通は金融緩和を行えば、

市場に回るお金が増えて、通貨安になり、

インフレ率は上昇するはず。



しかし、インフレ率は上がらず、

ユーロ安にもなっていないのがユーロ圏の現状。



かと言ってね、

大々的に「緩和縮小」を始めれば

「ユーロ高」を促してしまう恐れがあるわけで、



要はECBは今・・



八方塞がり



八方塞がり.jpg



的な状況なんじゃないかと。



で、



とりあえず量的緩和は半額にするけど、

期間は伸ばしつつ、増額・延長オプションは残しますよ!

あくまでも「再調整」「段階的縮小」じゃないですよ!

金利はこのまま据え置きますよ!



みたいな微妙なことになったのではないかと。



で、相場がどうなったかというと、



ECB緩和縮小開始2.jpg



大きくユーロ安になってますね。



普通・・・「金融緩和縮小」は「ユーロ高」要因となるはずですが、

ユーロが売られててドルが買われたのは、

今後も金利差が開くと思われたからですかねえ・・・

それとも量的緩和の延長からくる安心感でしょうか・・・



なんか複雑過ぎて良く分かりません(笑)。



とりあえず、



今年はずっとユーロ高が進んでいましたが、

これが転機となり、ユーロ安になる可能性があります。



とりあえず週明けどうなるか注目です。



>>>次のページ(【11月3日発表】2017年10月米雇用統計予想。ドル高になる?)

<<<前のページ(衆議院選挙2017の結果と為替ドル円の動き)



天底バナー.jpg



真面目な方、お金を稼ぎたい方は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!

nice!(0)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。



Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます