So-net無料ブログ作成
検索選択
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

ドル円2014年後半の予想。再び円安行進が始まるのか?

2014年後半のドル円はどうなる?ユーロドルは?大局観を持つ習慣をつけよう。



こんにちは!ブログ管理人のasajiroです。



今日はスリラーのフラッシュモブでもご覧頂きながら。




(前列中央左の女の人マジで恐い。笑)



さて、最近の為替相場についての大局観を考察しておきましょう。



大局観というのは、
大鷹が大空から地上を俯瞰するが如く、
広い視野で、長い時間軸の中で
戦略的に物事を判断するために必要なモノの考え方です。



鷹狩.jpg
(ん?猫?これはどういう絵だ?)



大局観は、



仕事にも、遊びにも、恋愛にも(笑)、



何にでも必要な考え方でありますよ。



是非為替にも取り入れたいものです。



さて、ブログやメルマガでも書きましたが、



ドル円が三角保ち合いを上抜けし、上昇しましたよ。



usdjpy20140822日足.jpg



この三角保ち合いは昨年末から続いていたものであり、
これを上抜けしたことで、一旦は上昇局面になるのではないかと思っています。



また、経済政策的にも、ドルはこの秋にも金融緩和縮小が完了しますし、
円は引き続き金融緩和真っ最中でありますから、
ドル高円安の流れは最低でも今年一杯は続くのではないでしょうか。
(私見です。正しいとは限りません)



つまり、ドル円に関しては今後



「押し目買い」



が有効かと。



上昇局面とはいえ、それは大局観に基づいた話で、
短期では下落する場面も多々あるわけで、



その時に勇気を持って押し目買いのポジションを持つ事が肝要。



そして、利益が出たら確定させる!を繰り返します。
一旦上昇したら、必ず調整局面が訪れます。
その前にクローズさせるのが理想です。



次に、ユーロドルですが、



この所急激なドル高ユーロ安となってます。



eurusd20140822.jpg



現在ここ一年の底値を割って穴掘れワンワン状態でありまして、
この状態は何か大きな材料がないと変わらないのではないかと思います。



とはいえ、一方的に下がり続けることはないので、
下がった後は必ず調整が入ります。
今のところは5月の最高値から引いたラインがレジスタンスとして意識されてます。
このライン付近に来たら「戻り売り」というパターンが良さそうですね。



自動売買に応用すると、
底値付近では一旦自動売買をオフにするとか(一旦反発するので)、
調整が終わったら(ライン付近にきたら)自動売買をオンにするとか、



色々と考えることが出来ると思います。



私の考えが正しいとは限りません。
大事なのは自分の頭で考えることです。



楽して、



とか



ほったらかしで、



とか



甘いことを言ってちゃ駄目ですよ。



例え、そういう素晴らしいEAがあったとしても、



勝てる確率を上げ、
ドローダウンを防ぎ、
収益性を上げることこそ、運用者の仕事です。



自分のレベルアップが何より大事だということを忘れなきように。



ではまた。



いつも応援有難うございます!良かったら「お気に入り」の登録をしてね。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ



>>>次のページ(サラリーマンの医療保険って本当に必要なの?見直しをした方がいい。)

<<<前のページ(無料で使える自動売買ソフト「WhiteBearV1Apex2」の7月運用実績。)




管理人も使っている「THV v4システム」について解説してます。



現状を打破したい人、何かを変えたい人は是非。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます