So-net無料ブログ作成
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

2014年シャドーバンキングのデフォルト・・・崩壊のXデーはいつ?

中国で「シャドーバンキングのデフォルト容認」発言が出ました。
これは投資家に投資リスクを促すもので・・・言い換えれば「責任は自分で取れ!」ということです。
2014年、2015年で全体の66%が償還を迎えると言われる中・・・果たしてXデーはいつなのでしょうか?



こんにちは!ブログ管理人asajiroです。



現在、ウクライナ情勢が緊迫している所ですが、
(住民投票は行われるのでしょうか・・・)



クリミア住民投票.jpg
(何が正しいか、私達に判断することは出来ません・・・)



このウクライナ問題を静観しつつ、
注意深くなりゆきを見守ってる国があります。



習近平ウクライナ.jpg



そう。中国です。



日本に対しては「軍国主義復活」「右傾化」だのと
しつこくしつこく言ってくる彼らですが(いい加減頭に来るのですが)、
ロシアの力による軍事介入に関してはな~~~~~んにもいいませんね。



プーチン怖すぎ.jpg



プーチンが怖いのでしょうか?



まあ、ロシアと中国はツーカーですし、
基本的に中国は世界秩序なんてものはどーでもよいわけですから、
利害関係が及ばない地域のことなど眼中にないのでしょう。



しかし・・・



中国は見てるのです。
「武力による侵略」に対して欧米がどのような対応をするのかを。



中国こそ「力による現状変更」「侵略覇権主義」を掲げる国ですから、
尖閣や南シナ海をどうやって分捕ろうかと考えている国ですから、



今回のウクライナ問題は重要な「モデルケース」として注視してると思います。



「まず中国人をどんどん送り込めー!」
「そして『中国人の保護』を目的と言い張って軍を動かせばいい」
「実効支配してしまえばこっちのもの」
「最後は住民投票を行って独立させればいい」



なんてね。



冗談みたいに聞こえますが、
沖縄はまさにこういった状況に晒されているのですよ。



え?沖縄県知事って帰化人???



6分ちょっとですので是非ご覧下さい。





沖縄から米軍基地が無くなったらどうなるのか?
よく考えた方がいいと思います。



・・・



経済の綻びが出始めた中国。



古今東西、戦争の原因は決まって「経済」。
「富」を得るため、そして「富」を守るために戦争が起きるのです。



さて、その中国の綻びですが・・・



先週末、500円近く日経平均が下落。
ドル円も101円前半まで急落しました。



株を売って、リスク回避資産の円や金を買う流れとなっています。



原因は大きく3つ。



・ウクライナ情勢

・欧州経済のデフレ懸念

・中国のシャドーバンキングデフォルト懸念



アメリカのケリー国務長官がロシアへの制裁発動を示唆。
これがまず米株価の下落を呼び・・・株安は日本や欧州にも飛び火。



それからユーロ圏の消費者物価指数の上昇率は5ヶ月連続で1%以下。
ECBによる金利引き下げの噂もあり・・・
欧州不安がいつ再燃してもおかしくない状況です。



さらに!



中国の李克強首相が、



中国の李首相.jpg



「(シャドーバンキングについて)個別状況は避けられない



発言したことで一気にリスク回避の流れが加速した模様です。



シャドーバンキングのデフォルト問題に関してはこちら)



これは実質「債務不履行(デフォルト)容認発言」でありまして、
今後デフォルトが起きても国で面倒見るかは分かりませーん!という意味です。



シャドーバンキングの規模は一説によると300兆円を超えていると言われてますが、



シャドーバンキングの残高.jpg
このグラフだと1.8兆ドル(約180兆円)。



そのうち66%は今年2014年、2015年に満期を迎え支払いを行わなければならないそうな。



シャドーバンキング償還スケジュール.jpg



このグラフを見れば分かる通り、2014年後半から一気に償還額が増えます。



「2年で利率12%アルよー」とか「6ヶ月で5%アルよー」とか言って集めた大金を
利息付けて返さないといけないわけです。



私達の常識からすると、そんな利息の信託商品は怪しさ満点なわけですが、
今までは「不動産の高騰」や「官主導の開発事業」や「高度経済成長」を背景に成り立ってたわけです。



しかし、景気の後退、環境問題、汚職問題、不動産バブルなどがあって
中国経済も行き詰まってきたんだなー。



で、すでに、パンクした信託商品も沢山あるようなのですが、
金融市場の混乱を避けるために国が救済措置をしていたわけです。



これで「投資家」は助けられてたわけですが、



中国の李首相.jpg



この人の「もう知らんわ!」発言に、



「中国やべえ!」と世界中の投資家達が反応したわけですね。



■今年に入ってからのシャドーバンキング関連の動き。


・2014年1月、山西省の石炭会社が経営難で返済不能に。
 政府の救済によって元本が保証され決着。

・2014年2月、山西省の石炭加工会社へ投資した理財商品がパンク。まだ未解決。

・2014年2月、中国建設銀行の信託商品がパンク。未解決。

・2014年2月23日、G20で初めてシャドーバンキングへの対応が明記。

・2014年3月7日、上海の太陽光パネルメーカーの社債利子が返済不能に。

・2014年3月13日、李首相が「デフォルト避けられない」発言。



問題は全てが「氷山の一角」であって、
実際どれくらいの規模でパンクするか分からないってことです。



中国政府も「このまま救済し続けるのは無理!」と判断したのでしょうね。



もうダメぽ.jpg



もうダメぽ!



・・・



中国経済は、我ら日本経済はもちろんアメリカ経済とも密接に繋がっています。



何とか乗り越えて欲しいと思いますが、
中国共産党のやり方は「問題を先送り」にしてるだけです。
近い将来・・・必ず芋づる式に破裂します。



では、



シャドーバンキングの一斉デフォルトはいつ起こるか?



早ければ2014年夏~秋、遅くても2015年中には起きると言われています。
(中国政府の対応次第でしょう・・・起きなければいいのですが)



チャイナバブルが破裂したらリーマンショックの比じゃありません。
いずれにせよ、私達にはどうしようもないので、



「もし、チャイナバブル崩壊が起きたらどうするべきか?」



というシミュレーションをしておくといいと思います。
まず間違いなくリスク回避の円買い・株売りになるので、



「ボラの高い通貨でショートを入れる」(3~6ヶ月は下がり続ける)
「下がりきった所でロングを入れる」(下がりきるのに3~6ヶ月掛かる)



とまあ、3~6ヶ月ってのはリーマンショックの時の話ですし、
ドル円は4年ほど下がり続けましたので一概には言えませんが、



「チャイナバブルが弾けたらとりあえずショート」というのは、
かなり勝率の高いギャンブルだと言えます。



実際その場になった時に行動出来るかどうかは・・・自分次第です。
その時になってパニックにならないように、もしもの時を必ず想定しておきましょう。



いつも応援有難うございます!良かったら「お気に入り」の登録をしてね。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ



>>>次のページ(クリミア住民投票の結果、ロシア編入なるか?ウクライナ戦争は防げるか?)

<<<前のページ(2014年春闘でベアの嵐!賃金向上でデフレ脱却なるか)



自分で稼ぐ力を手に入れたい方、将来独立したい方は是非登録してね。
yaji-009.gif

asajiroのFX自動売買講座です。
「損しない自動売買ソフトの選び方」「32分で1万円稼ぐ裏技」などプレゼント中!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2)  [編集]
共通テーマ:マネー

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます