So-net無料ブログ作成
1ヶ月1680円(メモリ1GB)のFX用VPS。WIN1プランがオススメ♪

「Forex Leopard v2.06」(フォレックス レパード)運用開始。今週より検証を始めます。

FX初心者が、無料のFX自動売買ソフトを使って本当に勝てるのでしょうか?
今週から、Penguinさんシリーズの「Forex Leopard v2.06」をポートフォリオに加えます。

タイトル画像EA検証レパード.jpg

◆Forex Leopard v2.06(フォレックスレパード)とは?
「Forex Leopard v2.06」は、MetaTrader4(MT4)用の自動売買ソフト(EA)です。逆張り系の5分足スキャルピング型EAとなりますが、その特色は「トレンド」を認識してエントリーすることにあります。マニュアル上には明記されていませんが、おそらく「Forex Racco v2.00」と同じようなロジックが搭載されているものと思われます。
つまり、逆張り系EAの最大の弱点である「トレンド相場」でトレンド方向のエントリーしかしないEAだということです。トレンドと逆行するポジションを取らないので、ドローダウンのリスクが極力軽減されます。
さらにロジックに従ってポジションを閉じる「エグジット・クローズ」が採用されている為、設定された「リミット:26」「ストップ:44」に刺さる前の決済が多いです。Penguinさんの作ったEAはどれもリスクが少ないんですけど、その中で最も「リミット値」が大きいので、勝率が比較的低く損益レシオが高いのが特徴ですね。もちろん非ナンピン・非マーチンゲールです。


Forex Leopard2.jpg

◆「Forex Leopard v2.06」の概要(数値は2012年1月10日現在のリアルパフォーマンスです)
取引通貨:EUR/USD
取引時間軸:5分足
製作者:Penguin FX
PF値:1.84
トレード回数:26回(2011.10.11~2012.1.10)
勝率:76.92%
損益レシオ:0.55

EAの手法:独自の手法。非マーチンゲール、非ナンピン。
EAの種類:スキャルピング
EAの特徴:長い時間足でトレンドを認識した逆張り
EAの利幅:中(利益26pips、損失44pips)

※MaxTrade(1~10迄設定可能、初期値は3)の数までポジションを持ちます(ナンピンではありません)。
※複利運用が可能です。その場合Risk(1~10%)を設定することが出来ます。
例)資金3000ドルで10%に設定すると、ドローダウン時の損失が300ドルになるようにLot数が自動計算されます。


バックテストの詳細については、以下の内容をご覧下さい。


◆「Forex Leopard v2.06」のロジック(マニュアルからの抜粋)
非ナンピン・非マーチンゲールタイプの24時間稼動型EUR/USD(5分足)専用逆張りスキャルピングEAです。
既にリリースされている「Forex Racco v2.00」との同時運用を目指して作られたもので、「Forex Racco v2.00」とはエントリータイミングが異なるように設計されています。

シグナルの転換でエグジット・クローズさせ、利益を伸ばし、損失を最小限に留めます。そのため、勝率は78%程度と極端に高いわけではありませんが、安定した資産曲線を描きます。
「Forex Racco v2.00」よりも1トレードあたりの利益が大きく、損失が小さいのが特徴です。

TP:26(リミット値)、SL:44(ストップ値)と設定されていますが、これらは最大値になります。ストップ値がそれほど深くありませんので、Lot数を大きくし過ぎない限り、大きな含み損を抱えることはありません。
よって低Lot(0.01Lot)であれば、非常に少ない資金量(500ドル)でもトレードが可能です。

複数ポジションを保有するように設定されていますが、これはエントリーシグナルが出ている間、maxtradesで指定した値になるまでポジションを増やすというもので、ナンピンするものではありません(maxtrades=1で単一ポジション)。

翌週にポジションを持ち越さないように、土曜日深夜以降、新たなポジションの保有を制限し、万一ポジションを保有していた場合は、土曜日の早朝に強制クローズします。



◆「Forex Leopard v2.06」のパラメータ(一部抜粋)
Slippage:3
mm:true or false ※自動複利機能の設定(true:使用する false:使用しない)
risk:1~10(複利運用時のロット自動計算値)
Lots:0.1(単利運用時のロット数)
maxtrades:3
TakeProfit:26
StopLoss:44

※単利の場合、「mm:false」にして「Lots」を設定。
※複利の場合、「mm:true」にして「risk」を設定。
※より堅実に運用したい場合は「maxtrades」を低く設定。



◆「Forex Leopard v2.06」のリスクマネジメント
「Forex Leopard v2.06」は、他のPenguinさんのシリーズと同じよに、ストップが浅くトレンドに沿ってエントリーするので大きく負けることはないでしょう。さらにシグナルによる「エグジット・クローズ」を採用しているので、かなりストレスフリーなEAだと思います。
だからと言ってLot数を過分に上げると連敗した時に大きな損失を出してしまいます。自分の資金や運用目標に合ったLot数で運用するようにしましょう。※一年後の資産運用目標についてはこちらを参考にされて下さい。
損失許容額を最初にしっかりを決めて、バックテストを参考にしながらLot数の調整を行いましょう。また、突発的値動きに比較的強いEAですが、念のため重要指標発表時は運用をストップさせるなど、ファンダメンタルズ要因に充分注意を払って運用をしましょう。

あと、製作者のPenguinさんも推奨されてますが、基本ロジックが同じ動物シリーズ「Forex Racco v2.00」「Hyper Hamster」「Forex Sea Lion v2.03」とのポートフォリオをオススメします。同じ通貨・同じ時間足になりますが、エントリータイミングが違う為「一緒に負ける」といったことが少なく、全体的にエントリー数を拡大してくれます。※各EAの検証記事は当ブログ目次よりご覧下さいネ。
イメージとしては「ラッコ」が1日1回程度エントリーして、「アシカ」と「ヒョウ」が週に1~2回、「ハムスター」は気分次第、といったところでしょうか。



◆「Forex Leopard v2.06」のバックテスト
リリースされたのは10月の頭なので実質まだ3ヶ月のフォワードテストしか公開されていません。
というわけで、直近約1年間のバックテストを行ってみました。

Forex Leopard-test-t.jpg

検証期間[2011年1月4日~2012年1月4日]$3000持ち。0.1Lot単利運用。
PF値:1.33 勝率75.56%(68勝22敗) 損益レシオ:0.43 総利益:$230 最大DD:$222(7.3%)


バックテストの内容だけ見ると、「Forex Sea Lion v2.03」より成績が劣りますね。もうちょっと損益レシオが高くてもいいと思うんですけどね。たまたまなのか運が悪かったのか・・・リアル運用では損益レシオ0.55になってます。まあ、利益幅(TP:26)が広いので、低Lotでも充分利幅が取れるのが嬉しいですね!


複利運用(risk:3 risk:5)のバックテストの結果はこちらをご覧下さい。



[かわいい]★エグジットクローズ機能付き!トレンド認識系逆張りスキャルEA「Forex Leopard v2.06」![かわいい]


今後、「Forex Racco v2.00」とともにポートフォリオの軸となり得るEAだと思います。
とりあえず単利0.12Lotでの運用で、検証していきます。宜しくお願いします。



「サンドウィッチマン 職安 」 いや、お笑いはいいですね。一日一笑で行きましょうw




>>>次のページ(「Forex Racco v2.00」検証結果・運用実績【2012年1月9日~2012年1月14日】)

<<<前のページ(「EasySniper ver.2」検証結果・運用実績【2011年12月26日~2012年1月7日】)



にほんブログ村 為替ブログ FXツール徹底検証へ
にほんブログ村2~5位に有料EAを検証されているブログがありますが、とても参考になりますね。100万円以上EAに使われたそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1)  [編集]

「THV v4システム」mt4ユーザー必見。


「コメント」頂けたら嬉しいです。遠慮なくどうぞー!

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました


Penguinbanner2.jpg
★asajiroからのプレゼント♪
FX資金を貯める!教材資金を貯める!
その為には・・・ノーリスクで稼げる「自己アフィリ」が一番。
Copyright © FX初心者が無料の自動売買ソフトを使って家を建てる話 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます